【ハースストーン】BGランカーのバトルグラウンド攻略【配置編】

みんな、こんモニ!

今日は、ハースストーンバトルグラウンドの配置に関して書いていきます。
バトルグラウンドの中で『配置』は、かなり重要な要素です。
かなり対戦してわかった、オススメの配置を紹介していきたいと思います。

序盤、中盤、終盤の3つに分けて書いていきます。

オススメヒーロー・序盤ムーブ編はこちら

 

序盤(1~4ターン目)

まず序盤の配置方法ですが、基本的には左から順にスタッツの強いミニオンを配置します。
スタッツが低い順に並んでしまうと、挑発持ちのミニオンに負けてしまって不利になるからです。

例外も、もちろんあります。

例外1
ン=ゾスの落とし子

ン=ゾス落とし子は全体バフを掛けてくれるので、1番左側に配置しましょう。
ただし、2体目を取ったときは、2体連続で左側に置いてしまうと、
少し強い挑発ミニオンを倒せない場合があるので、左から3番目に置くのをオススメします。

 

例外2
騎乗用ラプター

スタッツは3/2と断末魔持ち。一見優秀そうに感じますが、左側に置いてはいけません。
ラプターから出てくるミニオンはスタッツが低く、自分の攻撃で断末魔から召喚されたミニオンは、
次のターン、そのミニオンが攻撃してしまいます。
そのため、敵ミニオンとトレードできる確率は低くいです。
右側に残しておいたほうが、『毒々フィン』が生き残る確率が高く、
最後まで生き残れば、ヒーローに+4ダメージを与えることが出来ます。(毒々フィンのコストは4なので)

ちなみに騎乗ラプターは大嫌いなので、僕は取りませんw

 

例外3
聖なる盾付き挑発ミニオン

これらミニオンは右端固定で良いでしょう。
理由としては、攻撃してもほとんどダメージを与えられない。
また、『ブーマーロボ』『ン=ゾスの落とし子』の断末魔の効果を遅らせることが出来ます。

少しでもダメージを与えたいのであれば、
隣にダイアウルフリーダーを置くと+1アタックで2回ダメージを受けてくれます。

ダイアウルフリーダ―はとても弱いミニオンなので、ピックすることは少ないですが、
もし、仕方なく取ったときは、聖なる盾付きのミニオンをピックすると良いでしょう。

 

例外4
A.F.ケイと対戦するとき。

序盤の不運の1つ、A.F.ケイとの対戦。
出来るだけ被ダメージを防ぐために、左端に1番弱いミニオンを置きましょう。
聖なる盾が付いているミニオンに攻撃が飛べば、OKくらいの感覚で過ごしましょうw
ケイと当たると分かっていれば、ブーマーロボをピックするのがオススメです。

 

 

中盤(5~8ターン目)

中盤に差し掛かると、聖なる盾付き挑発ミニオンが増えてきます。
なので、左端のミニオンは聖なる盾付きのミニオンや、弱いミニオンを置いて聖なる盾を剥がしましょう。

種族によってかなり変わってくるので、種族別に書いていきます。

 

メカ編(コバルトの守護者を持っている場合)

コバルトの守護者を左端、もしくは左から2番目に置きます。
2番目場合は、左端に『ン=ゾスの落とし子』や『聖なる盾剥がしの弱ミニオン』を置きます。

ン=ゾスの落とし子は、聖なる盾剥がしとバフを両方担ってくれるので、序盤から中盤にかけては
かなり優秀なミニオンと言えますね。

このような感じで、『コバルトの守護者』→『断末魔でメカを召喚するミニオン』
という感じで並べるとよいでしょう。

 

獣編(腐肉食いのハイエナ、ネズミ軍団を持っている場合)

右端にハイエナを置き、その左にネズミ軍団を置くのがベターですかね。
『群れのリーダー』が取れたときは、
『ネズミ軍団』→『群れのリーダー』→『ハイエナ』の順になるように配置しましょう。

 

悪魔、マーロック編

マーロックの戦隊長と、ソウルジャグラーを右端へ。以上。

 

 

終盤(9ターン目以降)

終盤に、主にケアしなければいけないミニオンたちです。


これらのミニオンはこちら側の配置や工夫により、被害を最小限にすることが出来ます。

 

配置対処:優先度高

終盤になると、この2体のミニオンを警戒しなければなりません。
上位の編成には、かなりの確率でこれらのミニオンが居ます。

挑発ミニオンが居る場合

オススメ配置1

スタッツが高いミニオンを右端に持っていき、被害を最小限に抑えます。
挑発ミニオンが1体で、かなり強化されている場合に使ったりします。

デメリットとしては、相手に猛毒ミニオンが居る場合すぐにやられてしまいます。
相手に猛毒が居ないときは、かなり有効な配置です。

 

オススメ配置2

挑発ミニオンが2体居たり、ジャンクロボやハイエナを持っているときは、
序盤に倒されて欲しくないミニオンを右端に置き、左側に挑発ミニオンを置きます。
このようにして、挑発ミニオンを弱いミニオンで挟むのが良いです。
被害を最小限にしてくれるでしょう。

個人的には挑発ミニオンは、2体までに抑えるようにしています。

挑発ミニオンが居ない場合

被害を最小限に抑えるため、弱いミニオンを交互に入れてあげるのがいいでしょう。
相手に、聖なる盾の挑発が居る場合はこのように、左端に置くのも一つの手です。

 

配置対処:優先度中

バトルマスターは驚異的な体力を持つミニオンです。
相手の右側にこのミニオンが居た場合、猛毒か、かなり大きいミニオンでないと対処できないです。

正直、初見でこのミニオンの対策をするのは難しいです。
なので一回対戦した後に、再戦した場合は、猛毒ミニオンの位置を右から2番目もしくは右端において、
バトルマスターに当たるのを祈るしかないです。

挑発が付いていればラッキーです。
挑発なので猛毒ミニオンを左側に置けば、倒してくれるでしょう。

 

配置対処:優先度低

ザップスライウィックは最近はあまり見なくなりました。
しかし、たまたまトリプルで獲得されて、不意を突かれて重要なミニオンが
倒されることがあります。

こちらのミニオンの対処に関しては、配置ではありません。
上記のように、倒されても大丈夫な弱いミニオンを2体用意しておく。
もしくは、マイエクスナを最小攻撃力のまま持っておく、というのが主な対処法です。

重要なミニオンの『ジャンクロボ』や『腐肉食いのハイエナ』が倒されないように、
序盤から積極的に、バフを心掛けておくと良いでしょう。

 

以上、配置編でした!
『リッチキング』や『ピュートリサイド教授』など特殊な配置を要求されるヒーローも居ますが、
わたくしの配置論を書いてみました。

サンキューちゃんちゃんこ。

====================================================
Twitch配信URL: https://www.twitch.tv/moai1024
こちらで毎日放送しています。HearthStone(9:30~16:00)
Twitter:moai1024
自己紹介
====================================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です