【HSバトグラ】キジル博士流!『レート上げ』講座

んな、こんモニ!

毎日レート変動が激しくて、一喜一憂してるキジル博士です。

 

今回は、そんな自分への戒めを兼ねて、『レート上げ』の為に、私が実践していることを書きます。

少しでも、『レート』の壁に阻まれてる(私も含めた)プレイヤーの、手助けになると嬉しいです。

 

1.『戦績』の重要性

 

突然ですが、『戦績』はちゃんと付けてますか?

 

どの対戦ゲームにおいても、『戦績』を付けることは非常に重要です。

『戦績』が、目に見えて数字にでるのは、ゲームに対してのモチベーションに繋がります。

自分の得意不得意を、理解するのにも役立ちます。

 

私は『めんどくさがり屋』なので、対戦後に『戦績』をつけだしたのは最近です。

しかし、実際に数字が出るのは、重宝します。

私はスマホ勢なので、『MatchUps』というアプリで戦績を保存してます。

https://apps.apple.com/jp/app/matchups/id1518450168

平均順位や、レートの線グラフを出してくれるので、オススメです!!

 

私の場合、評価が高いヒーロー『森番オム』で好成績を出せず、

何故か『ケレサス』で勝てているのが、数字化されてます。

『戦績』を見ることにより、『森番オム』の立ち回りを見直さないといけないことが、分かります。

 

『戦績』を付ける際に、『なぜ負けたのか』振り返ることも重要です。

 

一言、メモを添えるだけでも、変わると思います。

言語化することにより、次は、『同じ負け方をしないようにする』ことができます。

 

『バトルグラウンド』は、(今環境は特に)運の要素が大きいゲームなので、

負けた理由を全て分析するのは、難しいです。

しかし、『あの時、耐える動きをしていれば、ブランカドガーの大ダメージで、死ぬことはなかったのではないか。』

『もっと早くグレード上げをしていれば、軸になるミニオンを見つけられたのではないか。』

など、反省点を見つけることが、非常に重要です!

 

『運ゲー』の一言で片付けるのではなく、

『負け』を糧に成長出来るようになると、

『バトルグラウンド』をより楽しく遊べると、私は考えてます。

 

2.『勝ち』パターンを増やす

『バトルグラウンド』は、勝ち筋が非常に多いです。

オーソドックスなのは、『軸になるミニオン』を中心にした編成ですが、

 

『何故これで入賞できたのか』という編成も、沢山あります。

 

例えば、私が1位を取った時のスクショです。

『八咫烏編成』を目指してたのですが、キーカードが集まらなかった為、

『ゴリアテ(金)』に全てを委ねる編成にシフトをし、1位を取ることが出来ました!

(完成した混合編成を、上からスタッツで潰してたので、意外と強力でした。)

 

最近だと、『チビラグ』2体編成で盤面を作ってましたが、

見た目以上に強力な、モニキの『灰枝』編成にやられました。

(動画の、対面のリッチキングが私です。)

『ブラン』や『光牙の執行者』、『カレクゴス』などに頼らない、

『勝ち筋の選択肢』を多く持つのが、非常に重要です!!

勿論、基本は『混合編成』『ドラゴン編成』といった、強力な編成を狙います。

 

しかし、当然、他のプレイヤーも同じ考えです。

 

酒場に並ぶミニオンの数は限られてるので、どうしても『軸になるミニオン』奪い合いが発生します。

これらのミニオンを見つけられなかった場合、他の『勝ち筋』を用意しておくことにより、

そのまま敗退する、という最悪なパターンを回避することができます!

 

強い『立ち回り』や、多種多様な『勝ち筋』は、SNSでたくさん紹介されてます!

そういった情報を仕入れるのが、勝ち続けることに置いて重要です。

 

私は、よく『dog』の配信をみて勉強してます。

https://www.twitch.tv/dogdog

海外のトッププレイヤーの方で、喋っているのは英語ですが、プレイは非常に参考になります!

(私は、『dog』の配信を見るようになってから、アジアでランクインできるようになりました。)

 

こういったトッププレイヤーの配信を見る上で、重要なのが、

 

『何を考えて、このプレイをしたのか』と、自分で考えながら見ることです。

 

自分の『思考』と、トップ層の方々の『思考』を擦り合わせることにより、

自分のプレイを『昇華』させることに繋がります。

 

普段見ているのが、日本人の方なら、質問するのも良いです!

(モニキも、配信中に質問によく答えてくれるので、思い切って聞いてみましょう!笑)

 

3.『負け』パターンを減らす

『勝ち筋』を増やすことの重要性を上述しましたが、

逆に、『負け筋』を減らすことも非常に重要です!

 

例えば、『レノ・ジャクソン』を使い、『軸になるミニオン』にヒーローパワーを撃ちたいからと温存し、

結局ヒーローパワーを撃つ頃には、致命傷を受けていて、そのまま敗退

 

そんな経験はないでしょうか?

 

こういった負け方は、非常に勿体無いです。

 

私は、こういう状況に陥る前に、『入賞を狙う編成』にシフトするように意識してます。

このスクショの場合、余りにもボブの酒場が貧弱で、7コイン目に体力が20切ったので、

『パーティ・エレメンタル』にヒーローパワーを撃ち、何とか4位に滑り込みました。

 

『バトルグラウンド』において、『負けない戦い』一番重要です。

こういった『勝ち方』をすることにおいて、上述した

 

『勝ち筋』の手札を多く持っていることが、有利に働きます。

 

平均順位を4位以上取れば、レートは基本上がるように作られてます。

(私はやっと平均順位が『3.7』になり、レートを少しずつ盛れてますが、それでもレートが減る日もあります。)

なので、下位に沈まないことが、重要なのです。

 

4.最後に。

以上が、『レート上げ』で、キジル博士が意識していることです。

普段やっている方も多いと思いますが、今回の私の記事で再認識し、『レート上げ』の手助けになると嬉しいです。

 

古い記事ですが、モニキも『耐える方法』『レート上げ』の記事を書いてます。

こちらも合わせて是非読んでね!

【HSバトグラ】負けそうなとき、耐えて4位になる極意【4/8】

【HSバトルグラウンド】始めて1週間でレート6000に行く方法

 

キジル博士Twitter

モニキTwitter

バトグラ解説Youtube

 

前記事

【HSバトグラ】徹底解説!『八咫烏編成』の仕組み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です