【HSバトグラ】つよつよヒーロー!偉大過ぎる『アカザムザラク』

んな、こんモニ!

レート13k到達してから、恐くてレート戦に潜れてないキジル博士です。

最上位ランカーの方々が、化け物過ぎる

 

今回は、私がお世話になってる強ヒーロー!

『アカザムザラク』(以下、アカザムと略)の解説です。

私のピックする頻度は多く、平均順位『3.47』好成績を残せてます!

 

『HsReplay』さんを覗いてみると、

https://hsreplay.net/battlegrounds/heroes/?hl=ja

平均順位『4.24』 ピック率『38.4%』Tier2(強い)

ピック率も高く、『非常に強力なヒーロー』との評価を受けています。

(強さ順では、エリーズの下の位置付けです。)

 

ただ、『アカザム』を使う上で、序盤の立ち回りに困っている方が多いのではないでしょうか?

上手くヒーローパワーを生かせなければ、『ビグルスワーク君』と同等のヒーローです。

そんな方々に向けて、『秘策』と序盤の立ち回りを書きます!

よろしくお願いします!!

 

1.『アカザム』のヒーローパワー

(指が4本しか無いのが気になる…。)

『アカザム』は、1コスト支払うことにより、『秘策』を貼ることが出来ます。

1コストとは思えない、破格のコストパフォーマンスを発揮するものが多いです。

この『ヒーローパワー』は、どのBANにおいても、

安定した強さを誇るのが、私の評価が高いポイントです。

その『秘策』の強さについて書きます。

 

2.『秘策』

『アイスブロック』

『アカザム』の代名詞とも言える秘策です。

1度だけ、必ず引き分けにできます。

 

『アカザム』は、『アイスブロック』を軸とした立ち回りが、非常に強力です。

無理な『グレード早上げ戦法』『ブランカドガー』をするために貧弱な盤面で対戦に臨む。など。

これらの立ち回りを、『アイスブロック』によって可能にします。

 

今環境は上振れ環境なので、対面から尋常ではないダメージを叩き出されても、

『アイスブロック』によって、防ぐことができます!!

なので、最優先で発見したい『秘策』です。

 

序盤に『アイスブロック』が見えた場合、

後述する他の『秘策』より、私は優先して貼ります!

見つけられなかったリスクが高いからです。

 

『競争心』

アプデによって、追加された『秘策』です。

次のターン開始時、全体1/1付与をします。

序盤においての1/1付与は、非常に強力です!

1回りサイズをあげることにより、低グレードのミニオンでも戦力にすることが可能です。

(1コスト支払い、全体1/1付与は、今は亡き彼を思い出しますね。)

『アイスブロック』次点で、優先したい秘策です。

 

『分裂の幻術』

味方のミニオンが攻撃されたとき、そのミニオンのコピーを召喚します。

(序盤でも強力ですが)主に終盤戦において、絶大な盤面アドバンテージを獲得できます。

コピーしたいミニオンに、事前に挑発を付与する動きが強力です。

確実に、狙ったミニオンをコピーすることが可能です。

私がよくコピーするのは、完全体『アマルガドン』(聖なる盾・猛毒・挑発付き)です。

ハースストーン アマルガドン

プレイヤーの発想次第で、様々な使い方ができる秘策なので、上手く使えるようになりたいですね!

(『分裂の幻術』の強さを語ると、長くなってしまうので割愛します。)

 

『救済』

味方のミニオンが死亡したとき、体力1で復活させます。

自分から攻撃した場合でも、『救済』は発動します。

『ン=ゾスの落とし子』『献身の英雄』などの『断末魔ミニオン』が居る時に、貼ることが多いです。

 

終盤戦においては、『分裂の幻術』見つけられなかった場合の代役で貼ることがあります。

最近だと、こういった盤面の時に『救済』を貼ることにより、1位を取ることが出来ました!

『ゴールデン』のミニオンは、勿論ゴールデン』で復活しますので、是非狙いたいです。

 

『毒牙の罠』『自動防衛マトリクス』

 

上述した秘策が見つけられなかった場合、妥協で貼る『秘策』です。

『毒牙の罠』から召喚されるコブラは、『猛毒』を持ってます。

対面のミニオンを、1枚は必ず落としてくれるので、『自動防衛マトリクス』よりは強い印象です。

 

『自動防衛マトリクス』の仕様として、盤面に『エリストラ』+聖なる盾が無い『挑発ミニオン』が居る場合。

『エリストラ』が攻撃を引き受ける際に、『挑発ミニオン』に『自動防衛マトリクス』が発動します。

覚えておくと、役に立つかも…?

 

『仇討ち』『ヘビの罠』

貼るのを、なるべく避けたい『秘策』です。

『ヘビの罠』は、最序盤『競争心』を見つけられなかった場合、

ミニオンの頭数を増やし、ダメージを増やす目的で貼ることがあります。

(対面からしたら、ただの嫌がらせでしかないです笑)

『仇討ち』は、『バトルグラウンド』とは噛み合わない『秘策』なので、貼るのは避けましょう。

 

3.『アカザム』序盤の立ち回り

今回も、他記事の『ヒーロー立ち回り』と同様に、9コイン目までの解説です!

 

3コイン目

コインミニオン(ウレメンタル、トークン生成ミニオン、甲板磨き)を優先して取りたいです。

私は3,4コイン目で『トークン生成ミニオン』、もしくは、

『甲板磨き』+『マイクロマミー』がセットで見えた場合、

グレ1滞在することが多いです。

こういった動きをする場合、5コイン目にはグレ2へ上げたいので、

5コイン目に『グレ上げ+ミニオン購入』が無理なく行えるかが、目安になります。

 

4コイン目

グレ上げorミニオン購入+ヒロパです。

9コイン目までの、ヒロパで狙う『秘策』の優先度は、アイスブロック>>競争心>その他です。

上述した、『秘策』の強さを基準に選択したいです。

 

5コイン目

グレ2に到達してる場合は、他ヒーローと同じ購入基準で大丈夫です。

グレ1滞在を選択していた場合は、ここでグレ上げ+ミニオン購入を。

極稀に『トークン生成ミニオン』しか酒場に並ばなかった場合、ここでもグレ1滞在を選択することがあります。

余りにもレアケースなので、基本的には、この段階でグレ上げを行いましょう。

 

6コイン目

基本的には、ミニオンを2枚購入します。

 

『アカザム』なら、この時点で対戦相手がグレ3上げをしていても、付き合わなくて良いと考えてます。

ここで早上げをしてしまうと、後述する『アカザム』の綺麗なマナカーブが崩れるからです。

また、無理にグレードの高いミニオンを探しに行かなくても、『競争心』で盤面を強化できます。

なので、『アカザム』の6コイン目はグレ2滞在推奨です。

 

呪文の優先度は、ストームウィンド魂≧まつりくじ=小銭>>ロッキンローリング>その他 です。

 

5コイン目まで、グレ1滞在の選択をしていた場合、7コイン目のマナカーブを整えるために、

『まつりくじ』『小銭』を最優先で探したいです。

ここでコインを工面する準備が出来なかった場合、7コイン目にグレ上げ+ミニオン購入ができません。

呪文でコインの工面が厳しいなら、ここでコインミニオンを1枚購入したいです。

 

7コイン目

ミニオン購入+グレ上げを行いましょう!

ここでのヒーローパワーは、撃たないことが多いです。

 

8,9コイン目

グレ上げ+ヒロパを撃ちます。綺麗にコインを使い切れます!

9コイン目のグレ4→グレ5上げは、他のヒーローだとリスクが高い行動です。

しかし、『アカザム』『アイスブロック』で事故を回避できるので、このターンに上げてしまって大丈夫です!

10コイン目は『プール2呪文』が貰えるターンなので、グレ5に到達するメリットは大きいです。

 

4.最後に。

以上が、『アカザム』の解説です!

『競争心』が追加されただけなのに、ここまで強力なヒーローになるとは予想してませんでした。

序盤においての全体1/1付与が、いかに偉大なのかを痛感します。

『アイスブロック』が、グレ上げの加速や、事故死を防いでいるのも大きいです。環境に噛み合ってます。

 

『アカザム』は積極的にピックしたいヒーローだと考えてますので、

見かけたら選んでみてはいかがでしょうか?

 

『アイスブロック』でのインチキ、万歳!!!!

 

キジル博士Twitter

モニキTwitter

バトグラ解説Youtube

 

前記事

【HSバトグラ】モニキ×キジル博士 『ヒーロTier表』比較!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です