【HSバトグラ】要注意!対策に使用するミニオンの解説

んな、こんモニ!

学生の頃、オンラインゲーム『アラド戦記』をやり過ぎて、青春を失ったキジル博士です。

 

今回は、『相手の編成への対策』に使用するミニオンの解説です。

今環境、最後の1位争いは膠着状態になることが多いです。

そうなった場合に、『メタ』に使用するミニオンを覚えておくと役に立ちます!

 

1.対策の重要性

特定の編成において、1枚のミニオンが『非常に重要』なことが多いです。

たとえば、ドラゴン編成における『ナディーナ』は、ドラゴン全てに聖なる盾付与。

『インコ×ゴルドリン』編成における『バロン』は、

『ゴルドリン』のbuff量を倍増させる、重要な役割を担ってます。

 

こういった『ミニオン』を、対策することにより、

相手の盤面を大幅に弱体化させることが可能です。

 

では、実際にどういった『ミニオン』で対策していくのか?

紹介していきます。

 

2.対策に使用するミニオン

『ザップ・スライウィック』

『メタ』に使用するミニオンと聞いたら、このミニオンを浮かべる方が多いと思います。

先程紹介した『バロン』は、攻撃力が『1』なので、

こちらが先行を取ることが出来れば、自身の効果により、

挑発を無視して『バロン』を仕留めることが可能です。

 

このミニオンが真価を発揮するのは、最終盤より前のターン、

且つ、まだ対戦をしていない相手に対して、非常に有効です。

 

1度『ザップ』を見せてしまうと、対戦相手から更に対策されることが多いです。

『プール3呪文』の、『バナナナナナナナナナ』『お得意さん』

『窮鼠で一生終える』で攻撃力を変動させることにより、

『ザップ』の対策が可能です。

(盤面に、他の攻撃力『1』のミニオンを用意することにより、『ザップ』から逃れます。)

なので、対戦相手が『ザップ』の対策に、リソースを割けるようになる最終盤には、刺さらないと考えてます。

 

『ザップ』を刺す目安として、対戦相手の編成が『獣』で『4』以上だと刺さる印象です。

『獣編成』は、『母熊』に頼る構成の場合もあります。

このミニオンも、編成の軸になるミニオンなので、『獣』複数枚の相手には『ザップ』を刺したいです。

 

また、『キラジの先遣者』に頼る構成が大流行してます。

このミニオンを軸にした編成は、育成したワイド攻撃のミニオンを用意することで、

バトルグラウンド エネミーリーパー

機能停止することがありますが、『ザップ』でも止まることが多いです。

『キラジの先遣者』は、耐える編成にシフトした場合に、よく使用するミニオンです。

・対戦相手のグレード上げが遅く、体力も減っているのに勝っている。

・連勝数が1-2で、体力が大きく減っている

こういった場合は、『キラジの先遣者』が居ることが多いので、『ザップ』が機能します。

 

『ソウル・ジャグラー』に頼った編成は、『ザップ』が刺さることがあります。

目安としては、連勝を重ねていて、尚且つ体力が減ってない悪魔編成です。

体力が減っている悪魔編成は、『織屋』編成なので、『ザップ』は刺さりません。

ただ『ジャグラー』編成は、『ヴォイドロード』『金庫番』などの

攻撃力が低いミニオンが居る事が多いので、『ザップ』への過信は禁物です。

 

『不老不死のエリストラ』

新時代のメタカードです。

攻撃を引き受けることにより、対戦相手の聖なる盾を剥がすのに役立ちます。

『ナディーナ』『ハジキロボ』の、聖なる盾を無力化。

対戦相手が、『献身の英雄』に頼る編成と分かっている場合も刺さります。

こういった編成の場合、『エリストラ』は一番左に配置します

自身でも攻撃することにより、更に聖なる盾を剥がすことが可能です。

 

上述のように、非常に強力なミニオンですが、脳死で雇用するミニオンではありません

対戦相手に刺さるか、よく考えてから購入を検討したいです。

 

『八咫烏編成』にも刺さることが多いです。

詳細については、以前書いてるので、読んで貰うと理解が深まると思います。

【HSバトグラ】徹底解説!『八咫烏編成』の仕組み

 

『エリストラ』に対しての対策は、聖なる盾がないミニオンを先に配置する。

または、疾風持ちのミニオンで、早期に『エリストラ』を倒すことです。

 

最終盤には高確率で遭遇するミニオンなので、事前に相手が配置してくる読みで、

『エリストラ』のケアをできると、勝率がグッと上がります!

 

『不安定なグール』

自身の効果により、お互いの『聖なる盾』を剥がします。

このミニオンも『エリストラ』同様に、『ナディーナ』『メカ』に刺さります。

 

『ナディーナ』に対しては、『グール』を左から2番目に置く動きが強力です。

『ナディーナ』は先頭に置かれることが多いので、2番目に置くことにより、

『ナディーナ』で全体聖なる盾付与→『グール』で聖なる盾無力化

という綺麗な流れが可能です。

 

この動きをする場合、合わせて『エリストラ』も配置すると、

初手『ナディーナ』殴り→『グール』死亡

という最悪なケースを防ぐことができます。

『グール』の対策として、『ドラゴン編成』側は『ナディーナ』を後ろの方に配置することです。

(グール断末魔発動→ナディーナ発動)

ただ、この配置を選択した場合も、

1番左『エリストラ』、左から2番目『グール』の並びには無力なことが多いです。

この辺りの配置は、対戦相手との状況次第なので、上手くメタの刺し合いに勝利したいです。

 

『グール』は、グレ2ミニオンなので、酒場に並びやすいのもポイントが高いです。

特に、耐える編成にシフトした場合、事前に『グール』を用意することにより、

『メカ編成』相手には、高確率で耐えることが可能なので、非常にオススメです!!

 

攻撃が4未満で、2回以上攻撃を受けれる挑発ミニオン

 

聖なる盾持ちの編成に対して、『エリストラ』『グール』代役で雇用します。

これらのミニオンは、絶妙『ナディーナ』を倒せない攻撃力のミニオンなので、

『エリストラ』より機能することがあります。

1度見せてしまったら、対策は容易なので、初見殺しとして強力です。

 

ただ、自分の盤面に、他の育っている挑発ミニオンが居る事が多いです。

上手く機能するかは確率なので、結局は代役止まりの印象です。

 

『モジュール』は、『リッチキング』の蘇り付与により、

疑似的な『エリストラ』を作ることが可能なので、極稀にやることがあります。

 

3.最後に。

以上が、使用する頻度が多い『メタ』ミニオンの解説です!

正直、こういったミニオンの読み合いは非常に苦手で、対戦相手にやられて覚えることが多いです。

最近だと、このような強力な盤面を作りましたが、猛毒編成との読み合いに敗北して2位でした。

逆に考えると、金カレク×3の頭がおかしい編成にも、対策次第で勝利することが可能です!

 

今回の私の記事で、対策に使用するミニオンへの理解が深まると嬉しいです。

 

キジル博士Twitter

モニキTwitter

バトグラ解説Youtube

 

前記事

【HSバトグラ】キジル博士流!『グレード上げ』の極意

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です