【HSバトグラ】キルボア弱体化後の勝ち方講座

んな、こんモニ!

お久しぶりです、キジル博士です!!!

みなさん『キルボア環境』、楽しんでますか?

私は前環境で、あまりレートを伸ばすことが出来ませんでした。

(そんな中、最速レート10Kを目指し、今もランキング1ページ目をキープしてるモニキを尊敬します。)

しかし、先日『キルボア』弱体化が入ったことにより、前よりは環境が落ち着きました。

調整のお陰で、私はレートを伸ばせるようになりました!!

今回は、そんな博士が今環境で意識していることについて書きます。

よろしくお願いします。

 

1.『フラットタスク隊長』

先に結論を書くと、

今環境は『フラットタスク隊長』を全力で探すゲームです。

『3ゴールド使用時、血の宝石を1枚獲得する。』

様々な『キルボア』に調整が入りましたが、このミニオンには何故か修正が来ませんでした

特に強力なのが、『ソーンカース』を用いたコンボです。

『ソーンカース』に宝石を撃つことにより、毎ターン各種族に3/3付与は保証。

(3ゴールド×3=9ゴールド 毎ターン宝石を最低でも3枚獲得。)

後述する動きにより、凄まじい速度で、強力な盤面を形成できます。

『光牙の執行者』と違い、自身のスタッツも上がり、バフ量も圧倒的なのが非常に強力です。

弱体化されましたが、『フラットタスク隊長』&『地響き使い』のコンボも次点で強力です。

『聖なる盾』ミニオンや、『ヒドラ』などの隣接するミニオンに攻撃できるミニオンを並べ、

『地響き使い』に宝石を使うだけで、上位入賞できることも多いです。

この2枚のどちらかを入手した場合、

『キルボア』ミニオンに宝石を撃ちまくる都合上、『ダイナミック・デュオ』との相性も抜群です。

修正により初期スタッツが落ちましたが(現在は3/4)、『フラットタスク隊長』が絡むことにより、

大量の宝石の供給が可能な為、中盤位(ターン⒑くらいまで?)までなら雇用圏内です。

 

『地響き使い』『ソーンカース』見つけられなかった場合は、

育てたいミニオンに宝石を撃ってるだけで、どうにかなる事も多いです。

それだけ『フラットタスク隊長』カードパワーは非常に高いです。

『アッガマカーン』が盤面に居ると、成長速度は2倍速になるので、枠があれば採用したいです。

 

『フラットタスク隊長』真骨頂は、この『3ゴールド』使用時という点にあります。

例えば、『宵越しの博打打ち』

このミニオンを買うだけで、実質無料で宝石を獲得することが可能です。

(3ゴールドで購入、自身の効果により3ゴールドで売却可能なので実質ゴールド消費無し。)

『こんがり焼けるボア』などの宝石供給系ミニオンとの相性の良さは、言うまでもなく強力です。

また、コイン効率が良いミニオンとの相性も抜群です。

買って即売りすることにより、効率良く宝石の獲得が可能です。

私の最近のお気に入りは、『ホガー船長』『フラットタスク隊長』を用いたコンボです。

『ホガー船長』にすることにより、海賊が実質無料になるので、

凄まじいスピードで宝石を獲得することが可能です。

『ホガー船長』『海賊』なので、『ソーンカース』の効果により、サイズが大きくなる点も評価が高いです。

操作量が大変なことになり、且つ私はスマホ勢なので、プレイ難度が非常に高く、毎回頭を抱えてます。

 

私は、まだ実践でやったことはないのですが、『ブラン』との相性も良いと考えてます。

『逆巻のエレメンタル』『原始フィン』『ムロゾンド』『各種雄たけび宝石回収持ち』など。

 

これらのミニオンのバリューが高くなるので、強力な動きです。

ただ『ホガー船長』と違い、『ブラン』本体のスタッツは伸びないので、注意が必要です。

上述のように、『フラットタスク隊長』強力なミニオンです。

とりあえず今の環境は

『フラットタスク隊長』VS『他の編成』

このことを覚えておけば、大丈夫です。

では、今環境、実際どのような立ち回りをしていくのか?書いていきます。

 

2.今環境の立ち回り

とにかく『フラットタスク隊長』最速で入手したいので、

トリプルによるグレ6発見を目指します。

なので、序盤はとにかくダブルを作ることを意識します。

あまり雇用したくないミニオン、例えば『群れのリーダー』などでも、

ダブルを作れるなら、私は雇用します。

トリプルの芽を作りたいので、前環境でよく見かけた、

5コイン目グレ3上げは基本的に非推奨です。

勿論、この動きをするメリットがあるヒーロー『ブラックソーン』『サイラス』『エリーズ』などは居ます。

ただ6発見を目指す都合上、ライフのリソースは可能な限り残したいです。

『フラットタスク隊長』真価を発揮するのは、発見した次のターン以降なので、

ここでワンパンは食らえる程度の体力を残したいのが理由です。

今環境は、『キルボア』が酒場に固定なことも、グレ6発見への追い風です。

特に『獣』(グレ6に3種)『エレメンタル』(こちらも3種)がBANの場合、

グレ6ミニオンの種類は大幅に減るので、狙ったミニオンを入手しやすいです。

勿論、『フラットタスク隊長』を入手できなかった場合でも、

早期の『イライザ』発見。

ハースストーン バトルグラウンド イライザ

ドラゴンで固めていた場合の『カレクゴス』発見。

賞味期限は短いですが、テンポでとる『インプママ』『エネミーリーパー』『ガストコイラー』依然強力です。

バトルグラウンド エネミーリーパーハースストーン バトルグラウンド ガストコイラー

なので、可能な限り、グレ6発見推奨環境であると私は考えてます。

 

3.『入賞狙い』の編成

ここまで『フラットタスク隊長』を軸に置いた話をしてきました。

しかし、ボブは意地悪なので、毎試合必ず発見できる訳ではありません。

『フラットタスク隊長』の為の準備も大事ですが、

同時に『入賞狙い』の編成も組めるように、序盤から意識してます。

特に、序盤(9コイン目くらいまで)見かけたら必ず取るようにしているのが、

『帝国の腕』『ハジキロボ』『地響き使い』『キラジの先遣者』です。

早い段階において、編成の道標になってくれるミニオン達です。

この4枚のミニオン共通して言えることが、『聖なる盾』持ちミニオンを育成することが可能な点です。

『キルボア』絡みの編成は、盾なしのスタッツでゴリ押してくる事が多い為、『聖なる盾』が刺さります。

巨大なスタッツへのメタになる、『猛毒編成』に強いのも評価が高いです。

7コイン目グレ3上げで、セオリー通りの動きを行い、

8コイン目の最初の酒場+1リロールで、『帝国の腕』『ハジキロボ』が見えなかった場合。

『地響き使い』『キラジの先遣者』を雇用できる確率が増えるので、

8コイン目グレ4上げ推奨です。

もし、8コイン目グレ3滞在で、

・ダブルを作れない

・『帝国の腕』『ハジキロボ』拾えない。

このパターンが最悪です。ズルズルと負筋を作るだけなので、絶対にやらない方が良いと私は考えてます。

(勿論、『クトゥーン』『ラグナロス』など、滞在することにメリットがあるヒーローも居ます。)

簡単にですが、これらのミニオンの解説をします。

 

『帝国の腕』&『ハジキロボ』

戦闘中に挑発ミニオンが攻撃された場合、永続的に攻撃力+2を付与します。

この効果により、『聖なる盾』持ち挑発を育てる動きが非常に強力です。

私は、『帝国編成』で1位を取る機会も多いです。

相性が良いのが『モジュール』『アルガス』『ハジキロボ』です。

『帝国の腕』が盤面に居る場合、『アルガス』を温存し、

『聖なる盾』持ちミニオン2枚に挑発を付与する動きもよくやります。

『ハジキロボ』&『帝国の腕』が居る場合、『ハジキロボ』に挑発を付与する動きが非常に強力です。

というより、『ハジキロボ』単体の編成をやることは、ほぼ無いです。

『ハジキロボ』+『帝国の腕』+『アルガス』or『モジュール』

このコンボを目指すために、リロールを多めにして探しましょう。

この編成を組めた場合、挑発を付与できた『ハジキロボ』『メナス』

『献身の英雄』を集め、再度『聖なる盾』を付与できる準備が出来てると1位が見えます。

配置は、左から『メカ断末魔』『ハジキロボ』『帝国の腕』とすることが多いです。

『帝国の腕』の効果で、極力相手に殴らせて攻撃buffを行いたいからです。

なので育成したい『挑発ミニオン』は、基本的に後ろに配置します。

『メカ断末魔』『ハジキロボ』より前に置くことにより、

断末魔で出てきたメカで『ハジキロボ』の殴る手番を遅くすることが出来るので、オススメです。

 

『地響き使い』

自身に宝石を撃つことにより、そのターンのみ『自身以外に全体攻撃力+2』をします。

重複するので、宝石の枚数分、全体の攻撃力が上がります

『フラットタスク隊長』で、並べたいミニオンについては説明したので割愛します。

グレ4で『地響き使い』を運用する場合、宝石の供給手段が重要になります。

私は、『茨使い』『ナグルボア』が供給手段になることが多いです。

『地響き使い』編成は9ターン目くらいまでは、非常に強力です。

しかし、攻撃力バフが引き継げないので、徐々に失速します。

・上手くケレスザードと当たり、宝石を温存。

・なんとか耐えてる間に『フラットタスク隊長』をトリプルで拾う

などの工夫が必要です。

まだ出てきたばかりのミニオンで、私も研究中なので、上手く扱えるようになりたいです。

 

『キラジの先遣者』

このミニオンについては、他の方々が散々説明されてるので、詳細は割愛します。

左から 

聖なる盾ミニオン+挑発+育てたいミニオン+挑発

こういった配置ができると、効率よくバフを乗せることが出来ます

『警備ローパー』『インプママ』を育成することにより、更に挑発ミニオンを増やすことも可能で相性抜群です。

最近、私がやったのは『警備ローバー』+『グール』+『バロン』の編成で、

『グール』の効果により、『警備ローバー』の挑発トークンを産み出した後、

更に『グール』の効果で、その挑発トークンを燃やし、更に『キラジの先遣者』を効果を乗せること出来て強力でした。

 

4.最後に。

以上、私が今環境で意識している立ち回りです。

・『フラットタスク隊長』最強!

・グレ6発見のために、ダブルの芽がいつも以上に重要!

・『入賞狙い』は『聖なる盾』絡みの構成を狙う!

この3点を重要視し、覚えて貰えたら嬉しいです。

ただ、新環境が始まってまだ日が浅く、立ち回りが日々アップデートされていくと思います。

その際はTwitterや、また新しい記事を書けたらいいと考えてます。

久しぶりの記事、ここまで読んで下さりありがとうございました!!

 

あ、次回の記事までに、モニキのレート、追い抜いときますね^^b

 

キジル博士Twitter

モニキTwitter

バトグラ解説Youtube

 

前記事

【HSバトグラ】19.6パッチ到来!『キジル博士』初見の感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です